ETCは高速に乗り降りする際に専用レーンを通ることで料金が後払いできる仕組みです。ETCを利用するには車載器と呼ばれる専用の機械とETCカードが必要です。ETCカードは個人の場合はクレジットカード会社から発行されることが多いようです。ETCカードを機械に入れるわけですが、いくつか種類があります。多くの方が利用するのが単体で動作する機械です。カードを入れればOKなので簡単操作で人気があります。また、最近増えているのがカーナビと連動した機械です。カーナビと連動することで料金をまとめてくれたり、現在位置と合わせて表示してくれるなどさまざまな機能があります。装置は基本的に車ごとに設置されます。そのため、他の車に設定してはなりません。また、電波でやりとりをするのでしっかりした設置をしないと受信送信がうまくいかず、ゲートが開かないということも多く発生しているようです。ETCでやりとりするのはカーナンバー、ETC番号の他に車両データもあります。車両データは装置に登録されます。車両は軽自動車やトラックなどの種類まで入っているので装置を各車で共有しては行けませんが、ETCカードについてはどの装置に入れても問題ありませんガーデニング03