ETCは今ではかなり有名になりました。高速道路にて停車することなく高速料金を支払うものですが英語にするElectronic Toll Collection Systemとなります。 普及はかなりしているため、現在高速道路の使用は八十七パーセントというほとんどの車は使用していることになります。そのため三千四百万台の自動車が使用できるように設定していると考えられています。ちなみに使用するためにはセットアップといって車両に関する情報を事前に登録する必要があるのです。このシステムのおかげで多くのことが便利になってきました。たとえば渋滞の減少です。これは本線料金所などに発生していた問題ですが料金所に時間がほとんどかかることがなくなったため渋滞は大きく減少しました。これによってドライバーのイライラを解消したのはもちろんですが。実際二酸化炭素の削減にもつながっています。つまりこのシステムは地球温暖化のためにも活躍するということです。ほかにも首都高速などの距離別料金などはこれを使用して行っています。それは料金所じゃなくても感知できるものが出口などに存在するからなのです。またスマートインターなどにも活躍しているものでもあります。ガーデニング02