高速道路の料金を後でまとめて支払えるETCカードは対応機器を買わなくてはならないのですが、普及の早さは眼を見張るものがあります。カードは装置に入れることで高速道路に設置されている機械と電波でやりとりします。利用にあたっては専用の機械が必要となりますが、機械は自分で取り付けができません。これは電波でやりとりを走行しながら行うため、専用の場所で電波のやりとりが出来るかをチェックする必要があるからです。もしも、電波のやりとりが失敗するとゲートが開かず、事故につながります。高速道路の料金を後払いできるこのカードは各種クレジトカードと連携していますが、クレジットカード機能はついていないので注意が必要です。カードにはあくまでも高速道路で電波のやりとりをすることしかできません。カードの利用はいちいち料金を支払わなくても良いという以外に料金の割引があることも利用を促進しています。高速道路の料金は朝や決まった期間中割引が行われるのですが、ほとんどがカードありきの割引であり、現金で支払う車両には適用されません。電波をやりとりする機械は数万円程度かかるのですが、高速道路料金の割引がかなりありますので速い人なら数ヶ月、遅い場合でも数年で元が取れると言われています。