高速道路の料金所に設置されているETCレーンは料金を自動的に支払い通過することができるシステムです。
このETCを導入するにはETC車載器とETCカードが必要となります。これは車載器と料金所などにあるアンテナとの無線通信によって支払いを行うもので、車載器に挿入するETCカードより料金を支払いします。
利用するにはまず車載器が必要になります。車載器にはナンバープレートの情報など装着する車の情報を暗号化して車載器にインプットします。これは車載器を購入した店舗で行ってもらうか、郵送などでセットアップを行ってもらう必要があります。
そのためもしナンバープレートなど変更することになる場合は再セットアップが必要になるということを覚えておくといいでしょう。
そしてETCカードは申し込みが必要となります。これはクレジットカード会社もしくは高速道路株式会社が発行するカードなどで取り扱っているため、申込みを行います。
カードはクレジットカードと同じサイズのもので、ICチップと端子が埋め込まれています。
これら車載器とETCカードをそろえ、車載器にETCカードを挿入して情報の読み書きを行い認証することで利用できるようになります。
いずれもセットアップやカード発行など申し込む手続きが必要となりますが、料金所をスムーズに通過できるとても便利なものです。