» 未分類のブログ記事

高速道路で現金のやりとりが必要なく、料金の割引も受けられる便利なETCカードですが、知っていると便利なことがいくつかあります。その中でも特に重要なのが1つの車載器にはETCカードが複数使えることです。クレジットカードと提携しているので、車両ごとにETCが決められており、1枚のETCしか使えないと考える方も少なくないようです。しかし実際にはETCと機械には縛りがなく、何枚でも利用できます。ただ、高速道路に入る際に使ったETCで高速道路を出なくてはならないということです。SUICAなどの電車で使える電子マネーとおなじ感覚です。そのため、例えば友人と旅行をしていて、行きの高速と帰りの高速で違うETC、違う名義であっても問題ありません。また、車載部も本来は車と紐付けられていないので自由になりそうなものですが、実際にはETCの電波を受信できるかのチェックを一台づつ行っているので車ごとにつけることになります。ETCはクレジット会社から配布されることが多いですが、会社を変えた際にETCが変わっても全く問題ありません。ただし、高速に入る際に使ったETCと同じETCででなくてはならないので注意が必要です。

高速道路の料金所で非常に便利なETCですが、車載器とカードの組み合わせは特定されない、という事を知らないという人は意外と少ないと思います。実は、1枚で複数の車の車載器で使用することができるのです。
その理由は、ETCcardを持っていればどれでも使える構造になっていないと、いちいちETCcardを作る際に車載器の番号や車の番号を登録しなければならない上、車を買い替えたときなどに再度手続きが必要だったりと非常に煩雑になるからです。
元々ETCは、高速道路の渋滞を緩和するために料金所で停止してお金を支払ったり、おつりをもらったりといった手間と時間を省くために導入されました。その為、出来るだけ簡便に使えるように擦る必要があり、どの機械でもETCcardが認識できるようにする方が管理の手間も省け使ってもらえるようになるという発想があります。
その為、複数の車で同じETCcardを使用することも出来るようになりますし、友人に乗せていく場合などでは、友人の車に自分のETCcardを差しておくことで請求が自分に来るといった事も出来ます。
最近ではレンタカーでもETCを搭載している物も増えています。このような仕組みを上手に利用して、快適に利用したいものです。ソファー

高速道路の料金を後でまとめて支払えるETCカードは対応機器を買わなくてはならないのですが、普及の早さは眼を見張るものがあります。カードは装置に入れることで高速道路に設置されている機械と電波でやりとりします。利用にあたっては専用の機械が必要となりますが、機械は自分で取り付けができません。これは電波でやりとりを走行しながら行うため、専用の場所で電波のやりとりが出来るかをチェックする必要があるからです。もしも、電波のやりとりが失敗するとゲートが開かず、事故につながります。高速道路の料金を後払いできるこのカードは各種クレジトカードと連携していますが、クレジットカード機能はついていないので注意が必要です。カードにはあくまでも高速道路で電波のやりとりをすることしかできません。カードの利用はいちいち料金を支払わなくても良いという以外に料金の割引があることも利用を促進しています。高速道路の料金は朝や決まった期間中割引が行われるのですが、ほとんどがカードありきの割引であり、現金で支払う車両には適用されません。電波をやりとりする機械は数万円程度かかるのですが、高速道路料金の割引がかなりありますので速い人なら数ヶ月、遅い場合でも数年で元が取れると言われています。

今や多くの自動車に普及したETC(Electronic Toll Collection System)ですが、最近は新車の購入で当然のように装備されてくることが多く、途中で買い足して設置するということが非常に少なくなりました。このETCが発売されたころは、割引の大きさからカー用品店での追加購入が主流で、多くのユーザーがカー用品専門店に足を運びました。当時は購入の際に必要な手続きや費用が注目されていたので、本体費用、取り付け費用等の他に必要な経費まで注目されていましたが、最近ではめっきり話題にものぼりません。ETCの設置にあたり必要となるセットアップとその費用について簡単に説明します。これは、ETC本体がどの自動車に設置されているものなのかを設定する行為です。自動車にはナンバープレートの他に車体番号という個別につけられた背番号があります。ETC装置にもそれぞれに背番号が付いていて、自動車の背番号とETCの背番号を紐付ける作業のことなのです。ETCは機能を持つクレジットカードならどの自動車でも使用できるのですが、本体装置はそれぞれの自動車に固有に設定されているのです。この紐付け作業にかかる費用はだいたい3000円程度です。ガーデニング04

ETCというのは高速道路などの料金所の支払いを自動化して通過できるようにするものです。ETCができる以前は料金所での支払いで長い列ができ渋滞が問題となり、料金所を拡張したり新設しても限界がありました。
このシステムを導入して渋滞を解消することができ、料金所もノンストップでスムーズに通過することができるようになりました。
ETCの仕組みはあらかじめ車の情報や支払者を登録して料金を自動的に支払うものです。車には車載器を取り付けてそこにナンバープレートなどの情報をセットアップします。要は車の一部となるのです。
そして支払をするにはカードの申し込みが必要になります。この2つをセットすることで車と支払者を特定して無線で通信することで料金データをやりとりして支払をすることになります。
カードはクレジット会社が発行するものが一般的です。クレジット会社もいろいろなサービスを展開しているので比較してみるといいでしょう。
ETCはデータの規格が統一されているため、カードとの組み合わせは自由なのです。
例えば知人の自動車やレンタカーなどに挿入して使用することもできます。
このようにETCはスムーズに高速道路などの料金所を通行できる快適さ、料金の支払いのわずらわしさもなくとても便利なのです。

有料自動車道の通行料金を信用の元で後払いをするシステムのETCで使われるカードには、大きく分けてETC専用タイプとクレジット機能がついた一体型の二種類があります。
ETC専用タイプは、その名前の通り、ETCを通過した際の料金精算にしか使うことが出来ません。
利用の前に審査はありますが、入会費や年会費が必要がないのが特徴です。
一方、クレジット機能が付いた一体型は、ETC機能とクレジット機能の二つを持ち合わせているもので、ETCを通過した際の料金精算だけではなく、通常のショッピングなどでもクレジット会社の提携先であればクレジット払いを行うことができるのが特徴です。
ETC料金分とショッピング分の両方のポイントが入るなどお得なことも多い一方で、加入には入会費や年会費が必要となることもあります。ただ最近は、そのどちらも必要のない永年無料タイプのものも数多く出てきており、人気となっています。
その他の種類としては、法人向けのものや個人・法人に限らず多くETCを利用する方向けのもの、審査に通らなかった方向けのものなどがあります。このうち前者の2つは、利用頻度や契約内容によって割引などが受けられるのが特徴です。

ETCは高速に乗り降りする際に専用レーンを通ることで料金が後払いできる仕組みです。ETCを利用するには車載器と呼ばれる専用の機械とETCカードが必要です。ETCカードは個人の場合はクレジットカード会社から発行されることが多いようです。ETCカードを機械に入れるわけですが、いくつか種類があります。多くの方が利用するのが単体で動作する機械です。カードを入れればOKなので簡単操作で人気があります。また、最近増えているのがカーナビと連動した機械です。カーナビと連動することで料金をまとめてくれたり、現在位置と合わせて表示してくれるなどさまざまな機能があります。装置は基本的に車ごとに設置されます。そのため、他の車に設定してはなりません。また、電波でやりとりをするのでしっかりした設置をしないと受信送信がうまくいかず、ゲートが開かないということも多く発生しているようです。ETCでやりとりするのはカーナンバー、ETC番号の他に車両データもあります。車両データは装置に登録されます。車両は軽自動車やトラックなどの種類まで入っているので装置を各車で共有しては行けませんが、ETCカードについてはどの装置に入れても問題ありませんガーデニング03

高速道路の料金所に設置されているETCレーンは料金を自動的に支払い通過することができるシステムです。
このETCを導入するにはETC車載器とETCカードが必要となります。これは車載器と料金所などにあるアンテナとの無線通信によって支払いを行うもので、車載器に挿入するETCカードより料金を支払いします。
利用するにはまず車載器が必要になります。車載器にはナンバープレートの情報など装着する車の情報を暗号化して車載器にインプットします。これは車載器を購入した店舗で行ってもらうか、郵送などでセットアップを行ってもらう必要があります。
そのためもしナンバープレートなど変更することになる場合は再セットアップが必要になるということを覚えておくといいでしょう。
そしてETCカードは申し込みが必要となります。これはクレジットカード会社もしくは高速道路株式会社が発行するカードなどで取り扱っているため、申込みを行います。
カードはクレジットカードと同じサイズのもので、ICチップと端子が埋め込まれています。
これら車載器とETCカードをそろえ、車載器にETCカードを挿入して情報の読み書きを行い認証することで利用できるようになります。
いずれもセットアップやカード発行など申し込む手続きが必要となりますが、料金所をスムーズに通過できるとても便利なものです。

ETCは今ではかなり有名になりました。高速道路にて停車することなく高速料金を支払うものですが英語にするElectronic Toll Collection Systemとなります。 普及はかなりしているため、現在高速道路の使用は八十七パーセントというほとんどの車は使用していることになります。そのため三千四百万台の自動車が使用できるように設定していると考えられています。ちなみに使用するためにはセットアップといって車両に関する情報を事前に登録する必要があるのです。このシステムのおかげで多くのことが便利になってきました。たとえば渋滞の減少です。これは本線料金所などに発生していた問題ですが料金所に時間がほとんどかかることがなくなったため渋滞は大きく減少しました。これによってドライバーのイライラを解消したのはもちろんですが。実際二酸化炭素の削減にもつながっています。つまりこのシステムは地球温暖化のためにも活躍するということです。ほかにも首都高速などの距離別料金などはこれを使用して行っています。それは料金所じゃなくても感知できるものが出口などに存在するからなのです。またスマートインターなどにも活躍しているものでもあります。ガーデニング02