有料自動車道の通行料金を信用の元で後払いをするシステムのETCで使われるカードには、大きく分けてETC専用タイプとクレジット機能がついた一体型の二種類があります。
ETC専用タイプは、その名前の通り、ETCを通過した際の料金精算にしか使うことが出来ません。
利用の前に審査はありますが、入会費や年会費が必要がないのが特徴です。
一方、クレジット機能が付いた一体型は、ETC機能とクレジット機能の二つを持ち合わせているもので、ETCを通過した際の料金精算だけではなく、通常のショッピングなどでもクレジット会社の提携先であればクレジット払いを行うことができるのが特徴です。
ETC料金分とショッピング分の両方のポイントが入るなどお得なことも多い一方で、加入には入会費や年会費が必要となることもあります。ただ最近は、そのどちらも必要のない永年無料タイプのものも数多く出てきており、人気となっています。
その他の種類としては、法人向けのものや個人・法人に限らず多くETCを利用する方向けのもの、審査に通らなかった方向けのものなどがあります。このうち前者の2つは、利用頻度や契約内容によって割引などが受けられるのが特徴です。