高速道路を利用する時に便利なのが、ETCシステムです。
ETCカードを差し込んだETC搭載車であれば、高速道路を利用する際、料金所で停止し、通行券を受け取ったり、必要な料金をその都度支払ったりする必要がなくなり、スムーズな走行が出来るようになります。
ただ、ETCレーンには開閉バーが設置されており、この開閉バーを上手く通過するには、時速20km以下と、速度に関する制限がある事を覚えておく事が大切です。
ETCレーンといえば、停車せずに快適に走る事ができるというイメージがありますが、車の状況によっては、この開閉バーによって停止する必要が出てくる事があります。
自らが停止する可能性もあれば、前方の車が停止をする可能性もあります。
ですから、ETCレーンだから快適に走る事が出来る、料金所を通過できると過信せず、料金所がある場所に近付いたら、いつでも停止が可能なように、しっかりと減速をしておく事も重要になってきます。
そして、もうひとつの注意点が、ETCカードの扱いです。
ETCカードは、クレジットカードの一種の為、便利だからと挿しっぱなしにせずに、車から離れる時は、一緒に持っていくようにする事が大切です。ガーデニング01